メニュー

証拠の使い方。突き付けはNGです

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

証拠の使い方。突き付けはNGです

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年02月12日(水)

夫の不倫が発覚し、証拠を握った。

 

その証拠を突き付けるのか?突き付けないのか?

 

そこらで起こっている論争の一つ。

突きつけないと認めさせられない!

突きつけて認めさせたい!


この考えからが発端だと思います。

夫が中々不倫を認めない

話し合いをしても言い逃れされる

すぐに逆切れされてしまう。


突きつけてでも不倫を認めさせられれば

不倫が終わると思ってませんか?

 

残念ながらその期待は脆くも打ち砕かれると思います。

 

突きつけの後に待っているのは

 

「ここまでやるお前を信用できない」

 

「まさかここまでやるなんて気持ちがゼロになった」

 

「人としてやっていい事と悪い事があるだろう」

 

などという夫の戯言を聞くハメに。

 

そして、妻もそれにひれ伏してしまう。

 

それは何よりも離婚に対して恐怖を感じているから

 

離婚なんて考えてもいないから

 

なのです。

証拠を突き付ける事

絶対的なNG行為
です。

 

証拠を突き付けるなという事は

証拠を撮らなくても良いという事ではありません。

 

証拠は絶対に必要です。

 

要は使い方なだけなのです。

 

こんな事が書かれている記事を読んだ事ありませんか?

 

本当に分かってないんだなぁ

 

怖いなぁ恐ろしいなぁと思うのですが

それは

証拠集めはしないで!

あなたが離婚をしたいのなら証拠を集めても良いでしょう。

証拠を探偵に頼んで撮ってもらって、それを突き付けたら・・・


なぜ突き付ける事前提となっているのか?

 

なぜ証拠集めをすると離婚になるのか?

【証拠を撮る】

という意味を全く理解していない証拠です。

細かく書くと、誤変換も怖いのでこれくらいにしますが

基本的にハートスペースでは

【証拠は突きつけません】

そんな事をする意味もありません。

夫に証拠を突き付けた事によって

夫以上にキレる事ができるのならまだ良いですが

多くの方はそれで撃沈してしまいます。

 

また

【突きつけられた時の夫の気持ち】

【突きつけられた時に夫が思う事】


こんな事は考える必要もないのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login