メニュー

【第142回 脱☆サレ妻ミーティング】

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

【第142回 脱☆サレ妻ミーティング】

カテゴリ: 脱☆サレ妻ミーティング 公開日:2022年01月23日(日)

昨日は

 

【第142回 脱☆サレ妻ミーティング】

 

でした。

 

再構築から自分再構築Ⓡのお話。

 

あっ逆かな?

 

自分再構築Ⓡと夫婦再構築のお話。

 

やはり、不倫問題の解決が済んだ後は

 

妻の方にパワーバランスがある事が好ましいです。

 

そして、夫婦再構築を頑張るのは夫。

 

これは間違いないですね。

 

不倫をしたという重責を一生背負っていく覚悟。

 

ここまで夫に持たせない限り、再構築は不可能です。

 

ちょっとのパワーバランスで良いのです。

 

完全に王様と奴隷のようになる必要はありません。

 

だから、夫の教育ってとっても大事になります。

 

でも、残念ながら、その指導をできるカウンセラー

 

これもまたいない訳で。

 

スキルの問題ではなく、意味が分からないのだと思います。

 

だから軽はずみに夫婦カウンセリングを受けてしまったり

 

相談者さんは、夫婦カウンセリングに高い期待を持つ。

 

不倫が完全に終わっている状態で

 

夫が妻の方を向きだしたと言う状態なら

 

夫婦カウンセリングというのはとても意味があります。

 

夫が不倫をしている

 

夫が水面下かもしれない

 

夫は未だに逆切れしている

 

事実を認めていない

 

また

 

夫も不倫をやめたいと言っている

 

夫も悪い事をしていると言っている

 

というような状態での夫婦カウンセリング。

 

これは効果がないどころか

 

夫が調子に乗って行ってしまうだけなのです。

 

だから、ハートスペースでは

 

夫婦カウンセリングをお受けする際

 

とても条件が厳しいです。

 

先ずは妻の意識改革Ⓡ自分再構築Ⓡ

 

これが進んでいる事は条件となります。

 

実際に、長期サポートを受けていて

 

再構築に向かったという方以外は

 

お受けすることはありません。

 

軽はずみに受けるカウンセラー

 

妻に対する夫の洗脳力。

 

これが分かっていないか?

 

本当にバカか・・・

 

お伝えしたいのは、夫婦カウンセリングの過度な期待は禁物です。

 

アメリカでは普通になっている夫婦カウンセリングでも

 

日本では、一つのメニューでしかありません。

 

ハートスペースに来られる相談者さんでも

 

「○○というところで夫婦カウンセリングを受けました」

 

という内容をお話される方がいます。

 

そんな時には必ず

 

「なんでこのタイミングで?」

 

とびっくりと呆れてしまう事が殆どです。

 

夫婦カウンセリングを受けながらも

 

ハートスペースに相談をしてくるという事は

 

不倫の解決が全くできていない状態を表します。

 

それではミーティングの雰囲気を

 

o0400022515064822078.jpg

 

それでは来月~

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login