メニュー

だから不倫が終わらないのです。その31

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

だから不倫が終わらないのです。その31

カテゴリ: 実録 不倫が終わらないワケ 公開日:2019年02月23日(土)

 

昨日は新章に突入し、想定内と想定外の出来事に触れました。

 

昨日のケースは想定できる?内容だったと思います。


慰謝料を夫が立て替える。

 

これ、実は多いです。

 

愛人に対する慰謝料

 

さてどこから出ているでしょうか?

 

ここはしっかり水面下で調べた方が良いです。

 

そうそう、ちょっとだけ逸れます。

 

不倫を解決するため、不倫を終わらせるために

弁護士から内容証明を送り、慰謝料請求をした

 

その後、調停になった、裁判になった

 

これは関係ありませんが

 

はっきり言いますね。

 

これによって

不倫に終止符が打たれる事はほぼありません。

 

なんか、これで不倫が終わるような事を書かれている方もいますが

果たして、その後、その時、その渦中。

 

どれだけ知り得ているのでしょうか?

 

本当に判ってないんだなぁとしか思えません。

 

もちろん、不倫者がお別れをするきっかけになる事はありますよ?

 

可能性としてはかなり低いですが。

 

もし終止符が打たれるとしたら

 

弁護士を入れて、愛人が嘘八百を並べ立て

夫(シタ)だけを悪者に仕立て上げた

 

というケースくらいじゃないですかね?

 

・無理やり関係を持たされた

 

・本当は嫌だったけど怖かった

 

などなど

 

それによって夫がブチ切れた

 

なんていう場合はきっかけになるかもしれません。

 

それ以外と言っても語弊がないかもしれませんが

必ず、打ち合わせやストーリーを話し合います。

 

俗に言う、水面下です。

 

それでは本題へ

 

~~~~~

 

また、夫としては妻が愛人に対して慰謝料請求を行った場合
その金額をすべて立て替える約束も行っておりました。

 

『君の事は全身全霊で私が守る』

という言葉を添えて。

 

この夫、それなりの役職(中小企業の取締役)についていて
年収ベースで考えても、それなりの金額。


数千万円です。

 

家庭には家のローンと教育費、保険、携帯代、水道光熱費そして現金30万円を月々渡しておりました。

 

家族のかかる支出と考えると月々100万円にも満たない金額。

 

単純に考えても1000万円ほどは、夫のポケットマネーと言っても過言ではありません。

 

法外な慰謝料を愛人夫から請求されても

愛人の慰謝料を立て替えても

それほど痛くない金額なのです。

ただ、妻は夫の年収を把握はしておりません。

 

もちろん、ボーナスは夫が全て管理。

 

結婚当初から月々決まった金額を渡し
家のローンを組む時も書類は一切見せず

それでも妻は何不自由のない生活を行っておりましたので

妻から不満が出る事もなく。

 

今回の不倫騒ぎ、妻の事はやり込め、愛人の夫に対しては金で黙らせた。

 

~~~~~

 

ご夫婦の形はそのご夫婦それぞれ

 

妻が金銭をすべて管理している夫婦

 

夫が金銭をすべて管理している夫婦

 

別財布で一定額を出し合う夫婦

 

支払い分を分けてあるご夫婦

 

様々なんです。

 

私の経験上

夫の年収が高いほど、自営や経営者で有るほど

夫管理で妻が一定額を貰っているというケースが多く感じます。

 

共働きで二人とも正社員

 

お夫婦ともそれなりの年収がベースとしてある

 

という場合は別財布のケースが多いです。

 

今回のこの妻は

 

一定額を貰っているというケース

 

多いか少ないか?これはその人それぞれの感覚ですので言及はしません。

 

やはり、夫婦円満という事を考えると

妻が一切の家計の管理をした方が良いのかなと思います。

 

これも様々な意見があるでしょうね。

 

夫が家計を管理している夫婦からしたら

ものすごい反発に合いそうな・・・

 

別財布のご夫婦にしても同じ事です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login