メニュー

だから不倫が終わらないのです。その32

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

だから不倫が終わらないのです。その32

カテゴリ: 実録 不倫が終わらないワケ 公開日:2019年02月25日(月)

 

そうそう、今、探偵業界が大変な事になっているみたいです。

 

とにかく、探偵社が増えて増えて増えまくって

お客さんの取り合いのようになっているようです。

 

・調査員が一人しかいないのに、各地域に支店があるように見せかけ

その仕事は全部下請けにさせる探偵社

 

・探偵の看板では集客ができなくなり、カウンセラーに転身して

集客を頑張る探偵社

 

・嘘八百を並べ立て、吹聴を繰り返す探偵社

 

・自作自演でスタッフが存在するように見せている探偵社

 

・警察や弁護士の名前を使い、虎の威を借る狐になっている探偵社

 

大手と言われる探偵社は、それなりに宣伝広告費に費用を割けます。

 

しかし、それ以外のところは?

 

繰り返しのお伝えになりますが

この世の探偵社の中から、優良な探偵社を探す方が難しいです。

 

我々のようなカウンセラーの台頭により

探偵の評判、調査力、代表者の資質、自社調査を行っているか

そして、調査料金。

何よりも信頼ができる探偵か?

今までタブー視されていた情報がドンドン入ってきます。

 

その情報を各カウンセラーが配信しております。

 

それによって集客が全くできなくなってしまった探偵

 

次に何を考えるか?

 

何を行うか?

 

ブログなどを使って何を配信するか?

 

猿でも判りますよね?

 

正直言いまして、カウンセリング一回で解決へ向かう方

かなり少ないです。

 

・既に不倫を解決していて、

・心の持ち方だったり

・気持ちの捉え方だったり

・再発防止のため

・水面下の可能性の示唆

・話だけ聞いて欲しいという方

 

この方々は一度のカウンセリングでも十分なケースも多いです。

 

心理系のカウンセリングならズルズルと話を聞く事も必要

と言うか、話しを聞いてナンボの世界ですから。

 

しかし、不倫問題の解決を前提としたカウンセリングの場合

次行う事、注意しなければならない事

こちらが伝え続ける必要があります。

 

特に、HSは問題解決を大前提として行います。

 

だから、1時間で相談を終わりにさせるスキル

これも絶対条件となる訳です。

 

ズルズル話をして、延長料金を発生させるようなカウンセリングは行いませんので。

 

限られた時間の中でどれだけのお土産を持って帰って頂けるか?

 

これを常に考えております。

 

時間が本当に少ないので無駄話は基本的にしません。

 

量より質です。

 

ずるずると3時間もカウンセリングを行う事はしません。

あっ対面相談の場合は基本が2時間なので時間は使いますね。

でも、ズルズルと無駄話はしません。

 

相談者さんもお金を支払う事により

その時間を有効なモノにしようと研ぎ澄ませております。

 

HSの相談者さんはそのような方々です。

 

一方

 

ウソ、事例の創作、存在しないスタッフ、住所だけの支社

それで評判を得ようとしても、それは相談者さんをナメすぎです。

 

評論家気取りでせっせと書いているケースの方もいますね。

 

正直これは、井の中の蛙大海をしらず、です。

 

カエルじゃなくカワズね(笑)

 

されど空の深さを知る

 

知って勉強した方がいいです。

 

もっとこの世界は広いですし青いですよ。

 

それでは本題へ

 

~~~~~

 

この夫も抜け目がない部分が、法外な慰謝料を払う代わりに合意書を締結しておりました。

 

①慰謝料の支払いにより、それ以降の債権債務はない

②今後、一切の連絡を(夫に対し)行わない

③今回の一連の騒動は他言してはならない

④愛人夫婦が離婚する理由として“性格の不一致”として離婚すること

 

この合意を破った時は、慰謝料金額の全額返金と
精神的苦痛に伴う慰謝料を相当額支払ってもらう

 

これを約束、締結させるための法外な慰謝料金額だったのです。

 

愛人夫も金額に目が眩んだのでしょう。

 

すんなりとその条項を受け入れました。

 

愛人夫婦の離婚の条件は

 

①親権は妻(5歳と2歳の男の子)

②養育費として月5万円×2

③財産分与無し

④離婚の慰謝料は無し

 

妻が不倫をした側なのにこの条件で離婚が成立したのには意味があります。

 

やはり、夫(シタ)が関わっていたのです。

 

・離婚をする際に相談した弁護士も夫が手配

・その交渉に至るまで夫が指示、思案をした

・慰謝料が無しになったのは、夫がその分、法外な金額を支払ったから

・養育費も倍額になっている

・財産は夫(シタ)の指示で数年前から着々と隠していたという状況。

 

~~~~~

 

どうでしょうか?

当たり前ですが、

不倫をしているのは夫と愛人

愛人は責めに帰すべきだと思います。

 

しっかりケジメを取らせる必要は大きいと思います。

 

しかし、このようなケース

本当の悪人は誰なのでしょうか?

 

家でニコニコして、家族サービスを頑張り

何不自由ない生活をさせてくれる夫。

 

ではないでしょうか?

 

ここまでの状態ではないにせよ

どこのシタ夫も同じような考えの元、行動してます。

となると、何をすれば良いか?わかりますよね?

 

夫をATMと見る事ができるのなら

それはそれで問題ありません。

 

ただ、ATMと見れる方に相談って必要でしょうか?

 

HSではATMにさせるアドバイスなんてモノは致しません。

 

HSの相談者さんは本気で不倫を解決したいと考えております。

 

そして、ここから大事。

 

妻、自らの手で不倫を解決し

夫をまともな夫に育て上げる事。

 

これがHSに集まる方々です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login