メニュー

家庭内に愛人としての存在を求める事はない

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

家庭内に愛人としての存在を求める事はない

カテゴリ: 妻のNG行動 公開日:2020年01月22日(水)

愛人というもの、とても特異な生き物と言いますか

独特のルールを設けているといいますか

不思議な部分がとても多いです。

ただ、この特異なルールに含まれないケースもあります。

・別居中

・公認になっている

 

・結婚する前から関係を持っていた

このケースは今日のお話から省きます。

 

愛人独特のルールとは?

・家庭を壊そうという気はない

・バレないように協力する

・身体だけで繋がっている


これらが、その独特であり特異なルールと言えるでしょう。

中には暴走気味な愛人も存在しますね。

・無言電話を掛けてくる

・匿名で手紙を送ってきたりする

 

・会社にアポ無しで突撃訪問

と自分の存在を洩らそうと企てる愛人もいます。


これは愛人だからこその行動とも言えます。

一方、妻は?

家庭を守るために夫の事は見ない。

家族を守るために夫の事は問い詰めない

当然、不倫の事実は知っている

バレないように夫がやっているのなら黙認する

どうせ、浮気だから。

本気にならなければ良い。

そんな事に気を取られるよりも

夫が家族の方を向くために

 

ご馳走を作ろう

自分磨きをして一番だと思ってもらおう

不倫をしていても、まだセックスがあるから大丈夫


家族を大事にしているからこそ、外泊はしない

これが、妻の愛人化が進んでいる思考です。

その中でも

・ご馳走を作ろう

・自分磨きをして一番だと思ってもらおう


いわゆる【良い妻運動】ですね。

不倫問題が何も勃発していないのなら素晴らしい事です。

また、不倫問題が完全に解決し

夫婦再構築がスタートした

 

数年も経ち

『もう一度信じてみても良いかな?』

と思えるようになってから始める事。

残念ながら不倫渦中の間は、むしろ逆効果。

【良い妻運動】

多くの男性が望むのかもしれません。

しかし、妻のほかに

・セックスができる相手

・愛する存在


が存在する今、その妻の行動は

気持ち悪い!

となってしまうのです。

外に愛人がいる以上、夫は家庭内に愛人を求めません。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login