メニュー

探偵」 - 浮気・不倫被害者救済センター

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

  • 愛人排除をしたはずなのに突き付けられる離婚

    作成日2018年12月11日(火)

    愛人排除 これが完了したという事は?

    夫が愛人と連絡を取らない

    連絡先も知らない(変更済)

    どこかで出くわす事もない

    という状況。

    「現実的に無理ですよね~」ではなくソコまでやるべきという事です。

     

  • “そこ”への憧れは今すぐ捨てよう!

    作成日2018年12月11日(火)

    これは常々、ヨネセンが言っている事。これに惚れた方も多いと思われます。

    サポートを受けて初めてわかる安心感。

    メンバーの向上心。

    個人戦だという認識があるから応援や叱咤激励が常に行われる場。

    皆が起こす波、風、力

    本当にすごいです。

     

  • 男としての意見。スマホ、ケータイチェック編

    作成日2018年12月10日(月)

    これって簡単ですよ。

    何も隠し事がない!=ドンドン見て見て~

    やましいことがある!=見て欲しくない

    だけなんです。これは男とは言わず、誰でもそうかなぁと思います。どうでしょう?異論はないですよね?

     

  • 夫婦再構築の勘違い例

    作成日2018年12月08日(土)

    これも勘違いの代表例です。そして誤解釈の宝庫とも言えますね。夫婦再構築って終わりが来るものではありません。離婚、若しくは死別するまでずっと続く事です。逆にいえば夫婦再構築の完了や終わりこれは離婚や死別を意味するという事です。ちょっと極論的になってしまいましたが。

     

  • 正しい情報を選択する重要性

    作成日2018年12月08日(土)

    ブログやHP、メルマガからの情報、相談者さんが取捨選択できます。ただ、間違った情報を妄信してしまった場合。その後の展開は皆さまの想像通りです。その選択がどれだけ重要か?なんです。

     

  • 不貞の証拠を夫に突き付けたデメリット

    作成日2018年12月06日(木)

    証拠を夫に突き付ける事はありか?なしか?答えだけお話しますと答えはNOです。逆切れに本切れで返せる方は別ですがご主人の逆切れに撃沈してしまう可能性が高いです。またご主人に攻撃するネタを与えてしまう結果にもなってしまいます。その可能性が高い以上、やはりNGと言わざるを得ません。

     

  • 撮れた不倫の証拠、どう使う?

    作成日2018年12月06日(木)

    この相談はとても抜いて多いです。

     「証拠が撮れました。夫と話し合いをしようと思ってます。どのように進めたら良いか教えてください」

    これです。先ずは証拠の確認からさせて頂きます。その撮れた証拠が不貞の証拠とまで言えるのか?また、付随した証拠は何を持っているのか?

     

  • 問題解決は夫婦再構築ではない!

    作成日2018年12月04日(火)

    不倫の解決をする工程で夫に嫌われたら夫婦修復が難しくなるというアレではありません。夫婦修復が難しくなる!そんな事は絶対にありませんのでご安心ください。

    もしうまくいかないのであれば、他に原因がばっちり残っているはずです。

    ただ、不倫が起こる前の夫婦関係はかなり影響しますので、ご注意ください。

    ○○をしたから夫婦再構築が不可能これもあり得ない話ですのでご安心ください。

     

  • 不倫のケースは皆違います。

    作成日2018年12月04日(火)

    もちろん似ているケースはありますよ。でもやはり違う。登場人物も違いますし、誰が強影響を与えているのかによっても変わります。

     ただ、職業によっての差不倫の質、不倫の行い方に差はあったとしてもあまりソコは関係ないと感じております。職業に注視しすぎて、より複雑にしているケースは結構見ます。そういう指導をされていたりね。

     

  • それは愛ではありません!

    作成日2018年12月03日(月)

    それって愛ですか?というような内容、本当に溢れかえってますよね?

    え?それって不倫をしている夫を認めろってこと?

    え?暴力、DVが愛されている証拠?

    え?数年以上放置して別居もされているのに愛されてる?

    え?愛人を許し、愛してあげるって何?

     

  • 不倫に蓋をして楽しむという事

    作成日2018年11月30日(金)

    不倫をしている夫の事を忘れて楽しむ事ができる!と聞いたら飛びついちゃいますか?ただこれができないと、ギフトは見つかりませんが・・・マイナスの事象からプラスを見出すためには、何かしら犠牲にしないと成り立ちません。その犠牲にするものが何か?と言う問題もあります。手っ取り早いのはその問題に蓋をするという事。蓋をする事ができれば、鎮痛剤のようにその時は楽になるでしょう。ただ、根本は何も治っていない状態。しかも、痛みだけ取っただけなので、問題はどんどん大きくなっている可能性も高い。さぁどうします?

     

  • 不倫の被害者

    作成日2018年11月30日(金)

    ご自身を責め続けている方、本当に多いです。これは誰から教わった、誰の指導を受けたという事ではなく、当たり前の感覚でもあります。それは、頭の中で不倫と夫婦問題が混ざっているから。不倫問題を夫婦の問題と思ってしまっているからなんです。夫婦に起こった危機ではあるのですが、夫婦の問題ではないという事。不倫は愛人という厄介者の存在があります。その存在を無視したらダメなんです。

     

  • 不倫から目を逸らさないこと

    作成日2018年11月30日(金)

    よそ見はダメだよ~という件です。不倫を見なくさせる方法論。これもまた沢山溢れておりますね。愛され妻だったり、良妻賢母だったり、不倫はギフトだったり自分自身を見つめなおす事はもちろん大事です。意識改革も然り、自分再構築も然りしかし、どれだけ自分を見直したとしても不倫は終わりません。

    やはり不倫を解決するには真正面から向き合う必要があります。

     

  • 夫の言動に一喜一憂してしまう。

    作成日2018年11月29日(木)

    愛され妻、良妻賢母

    あなた自身が不倫問題から抜け出し解決したいのなら早々と切り上げた方が良いです。絶対に。

    不倫問題、その問題が何か?どうなっているか?これを知らない限り、解決はできません。これは誰だって同じです。見えない問題を見える問題にする事です。

     

  • 不倫の解決には“二者択一”の考え方が必要

    作成日2018年11月28日(水)

    今日のお話は、物事の進め方に関してです。目の前に問題がある以上、いつかは行動を起こさなければなりません。清水の舞台から飛び降りる覚悟これも必要になる時が来るかもしれませんね。その状態になる前に準備をしておきたいところでもあります。

     

  • 無駄なプライドはすぐに捨てましょう!

    作成日2018年11月27日(火)

    不倫をされて、その状況が長引けば長引くほど、妻におかしなプライドが備わっていきます。

    仲間からの感染もあります。

    プロからの感染もあり得ます。

    ブログからの感染ももちろんあります。

    不倫を解決しなくても良い理由これにドンドン支配されていきます。このゾーンに入り込んでしまいますとその意識を観念をぶち壊すまでに時間が掛かります。

     

  • 自分が変われば不倫が終わる?

    作成日2018年11月26日(月)

    叩きたい病を推進しているアレ。間違っていた事にようやく気付きだしたのでしょうか?配信している内容がコロコロ変わっていきますね。叩きたい病を信じて行ってきた方々からの被害がここ最近また増えだしてます。NOプランで愛人を叩きに行って夫からの相当な逆切れに合い、撃沈。仲間同士?で鼓舞と称賛をし合うのですが、その姿までも異様だと。

     

  • 第104回 脱☆サレ妻ミーティング

    作成日2018年11月24日(土)

    昨日は【第104回 脱☆サレ妻ミーティング】でした。相も変わらず盛り上がる(笑)

    前半戦の話題はML一本に絞られておりました。

     

  • 別居。夫が出て行ってしまった。

    作成日2018年11月24日(土)

    現実的に出て行ってしまったという方から

    別居を匂わされたという方

    別居から時間が経っている方

    単身赴任だったはずなのに別居と言われた方これもまた状況は様々です。

    また別居先も様々

    ウィークリーを借りた夫

    マンションやアパートを借りた夫

    実家に帰った夫

    愛人のところに転がり込んだ夫

    愛人と暮らすために新たに物件を用意した夫

    物件を購入してしまった夫

     

  • 幸せ感度は高めに設定しよう!

    作成日2018年11月23日(金)

    幸せを追う事。それは間違ってはおりません。いつもお話しているのですが、その分母となるものが問題な訳で。不倫渦中や水面下が濃厚な時に幸せを追い求めても不倫の上に成り立つあれって?どうなのよ?です。不倫をしっかり解決した場合とそうでない場合。正直、かなりの差があります。

     

  • シタ夫の諸君へ

    作成日2018年11月22日(木)

    基本的にHSではシタ側の相談はお受けしません。確実に愛人と縁を切っていると思える場合のみです。これは、大きなHSのルールですね。そして懇願される場合もありますがメールで何度かやり取りしてあるメッセージを送ります。そのメッセージに反応できた方だけお受けしております。

  • 自分軸という言葉に騙されないようにしましょう。

    作成日2018年11月17日(土)

    自分軸。カウンセラーが大好きな言葉ですね。

    自分軸を持って

    自分軸を持つと楽ちん

    自分軸になれたら幸せ

    ある意味、正解ではありますが・・・ただ一点。不倫渦中や水面下だった場合は、まぁおかしな方向へ進みます。是非とも、不倫を解決した後に学んでください。

     

  • 夫の不倫。我慢をする時期の見極め

    作成日2018年11月17日(土)

    我慢。これは良いことは一つもないです。我慢って妄想の世界に引っ張られやすくなります。我慢→これだけやっているのにともなり易いです。ただ、我慢をしなければダメな時期は勿論あります。証拠を取ろうとしている時は当たり前ですね。この時ばかりはジッと我慢の子です。探偵に依頼している時の暴走はお金も時間も本当に無駄にしてしまいます。探偵の指示に従って、暴走は厳禁ですよ。これは本当にご注意くださいね。

     

  • 夫と仲良しになるだけの方法論

    作成日2018年11月17日(土)

    これは夫婦再構築とはなんぞや?にもつながる訳ですが、不倫渦中の夫と仲良しになる事。これはそこまで難しい事ではありません。今までやってきたことが反映されますので、時間が掛かるケースもございますが、割と簡単に早い段階で仲良しにはなれます。妻が抜いた刃を鞘に納め、夫中心にすれば良いだけ。愛され妻や良妻賢母の世界です。経験者は夫の態度が軟化していくことを知ってますよね?ただ、これは軟化しただけの事です。不倫の解決には一切繋がりません。これはお間違いなく。

     

  • 夫の反省が見えてきた時

    作成日2018年11月17日(土)

    今日の「想像力が明らかに…」を読んでとても納得しました今日の「想像力が明らかに…」を読んでとても納得しましたそれは主人の今までを見てきてです

  • 愛人がいるからこそ、夫が変化する

    作成日2018年11月17日(土)

    先日も書きましたが、性格の不一致からの離婚は極々少数です。

    離婚をするには理由が必要で、当てはめやすいのが性格の不一致。

    夫が突然、不倫を言ってきた。真っ先に異性関係を洗いなおす事が必然ですね。

    しかし、いきなり探偵へ依頼するのはカモネギになる可能性が。

    自分で動いて、ある程度の情報を手にして探偵へ依頼。これが鉄板ですよ。

     

  • 夫の離婚したい本当の理由

    作成日2018年11月16日(金)

    これはね、超簡単な話。妻が嫌、妻が嫌い、この生活を止めたい。ではありませんのであしからず。

    夫婦関係には問題はあれど、不倫に理由は存在しないです。そして、妻に不倫の理由や原因は存在しません。不倫の原因を自分自身に探しても見つかりません。それは夫婦問題、夫婦関係のお話。

     

  • 離婚を言ってくる夫

    作成日2018年11月14日(水)

    この時期に増えるという事もあまりないのですがこの時期にタイミングを見てその話を決行すると言った方が正しいでしょうか。年末と年度末のお祭り感覚ですね。

     愛人の妊娠や自殺騒ぎ、別れを匂わされたこの場合は時期関係なく、シタ夫はやらかします。

     

  • 不倫解決までの期間

    作成日2018年11月14日(水)

    年単位となったら、外れてしまいますがおおよその不倫解決までの期間、もしくは夫婦再構築のスタートラインまでの期間とでも言いましょうか。夫婦再構築のスタートラインと申しましても、不倫の解決が大前提になるのでそこは注意は必要です。夫婦再構築へのスタートラインに立てたかどうか?これは結果有りきです。

     

  • 都合の良い妻

    作成日2018年11月13日(火)

    言わずとも知れた良い妻運動。捉えるのでしたら、花嫁修業として捉えて頂いた方が賢明です。もしくは絆創膏です。但し、防水機能はついてません。擦り傷程度だったら、貼っておけば良い深く切ってしまったら、意味を成さないばかりか悪化させてしまう。このような感じです。正直、良い妻運動で不倫は解決できません。

  • 不倫の証拠の必要性と水面下の危険性

    作成日2018年11月12日(月)

    【再構築って防寒服を着ずに北極に降り立つようなもの】
    このブログを読んで、その通りだと痛感しています。
    主人は今後悔しているでしょうそして「おかしくなっていたとしか言いようがない」と言っています*それに対して「おかしくなる前に不倫に足を踏み入れた時点でアウト」と言いましたが*
    でもやはり「不倫が出来た男」自分に甘いんです早く夫婦揃って過去の事にしたい…その気持ちが強い勝手にしでかしといて勝手に終わりにしようとする甘い考え
    平凡な日常に飽きて安易に刺激を求めた人であることを忘れずに向き合わなくてはいけないと思っていますが…
    そのまま私が何事もない日常生活を送っていたら…主人も何事もなかった様に生活していくでしょう
    かと言って不倫問題にいつまでも言い続けると、反省も後悔にも力尽きてしまいそうに見えます
    主人を教育する力自分の心身もボロボロなのに…
    本当に時折投げ出したくなる
    でも向き合う‼️私の家族は私が立て直すんだそしていつかその役割を主人が果たせる様に…そう思っています事実を知る事は本当に必要だと今とても実感しています
    あの時の主人のあの様子、態度、言動事実を知り、点と点が線で繋がる
    すると主人が抱えていた「私の知らない人」が見えてくるのですよね
    それを私に知られること、それは主人が自分のした現実と向き合わざるおえないこと
    例えば私が「あの時はそんな事をしてきた後だったのか。それで私の前でご機嫌だったんだ」と知る
    「信じようと苦しんでいた私の前で平気で浮かれていた」その知らなかった人格を知る
    家族を見失い、そんな事が平気で出来る人だったその現実を受け止める
    そして、隠していた自分を妻に知られることその事で妻が苦しみ悲しむ様子その様子を見て主人も後悔で苦しむ
    そうして一歩一歩前に進んで行く
    本当に「いばらのみち」
    でもそれらの苦しみと同時に少しずつ信頼も積み上げていっている実感
    この先どうなるのか…本当に全く見えませんひとつひとつ山を越える日々です
    今ではない…と思っていた思いをぶつけるタイミングそれもしっかりと主人を見ていないと反応も違ってくるのだと少しずつ見えてきました
    昨日言ったらダメだった言葉も今日だったら素直に受け止められる
    今は仕事をしている主人も気遣いながらです板挟みにしない様に
    そして孤独になりがちな主人を支える事も忘れずに
    サレた側なのに課題をたくさん突きつけられている感が(汗)
    でも夫婦ですからね愛し選んだ人であり、子供の父親です大好きなパパに子供が裏切られる事それを2度とさせない‼️
    今日もたくさん泣きましたよ(笑)泣くことが日課になりました
    勝手にメールを送って申し訳ありませんでも少しでも体験がお役にたてればと…
    水面下の危険性、どんどん発信してください水面下を知った時の苦しみは命を奪うほどの衝撃ですあんな思いは誰にもして欲しくない‼️
    頑張って下さい

  • 不倫の証拠が必要な本当の意味

    作成日2018年11月10日(土)

    夫婦再構築へ進むためには愛人排除と不倫の解決が必要だとお話しております。だって、夫婦に必要ない第3者がいる訳ですから排除しないと始まらないですよね?シタ夫に切る能力はありません。愛人が勝手にいなくなるか、そもそもの相性が良くないか妻の影響力無くして終わる不倫も山とありますよ。そんなのは当たり前です。

     

    証拠を撮る必要までもない不倫も当たり前ですが存在します。ただ、その程度と言ったら語弊がありますが、おそらく妻はその不倫に気付かないで終わっていくでしょう。あれ?と思う事があっても確証が持てずに普通に戻る。一回やっただけ、だったり気持ちも何もないだったり、やはり妻が気づく不倫はそれなりの不倫です。相当進んでいる不倫という意味です。先ずは夫が仕出かしている不倫が悪化しているか、悪化の一路を進んでいると認識しましょう。ここ最近は愛人にフォーカスした面も書いてきました。しかしながら、不倫は夫がやらかした事です。

    「夫だけ責め続ければいいのですね?」

     いやいや、そんな事は一言も書いてません。愛人へも、相当なアクションが必要になります。

    「愛人へ何かしたのを夫にバレたら・・・」

    「夫から愛人へは何もするな!と言われてます・・・」

    「何とか夫にバレずに済ます方法ってないでしょうか?」このような声もチラホラと。ここは考える場所ではありません。そもそもが想定内中の想定内です。ここに意識が飛んでいくと、愛人排除も不倫の解決もできません。HSで愛人排除を成功し、不倫の解決を成し得た。その後再構築へ向かった方・順序、タイミングをしっかりとやって行った方と・既に愛人排除済という方に分かれます。既に愛人排除が済んでいる方この方は、【発覚当日に排除終了】というのが殆ど。証拠も調査もいりませんよね。その後に【シロである調査】を入れる方はいらっしゃいます。問題解決、愛人排除を目的として、証拠や探偵調査を行う必要

    これが全く必要ありません。だって、排除完了してますからね。というように
    探偵や証拠は必要ないわけなんです。来はです。ただ、そうではない方渦中である水面下である排除できていないこの方々は99%調査が必要です。この99%は限りなく100%に近いです。あなたが妄想ではなく【現実を知るため】あなたが期待ではなく【ご主人の姿を見るため】証拠を手にする意味、わかりますよね?裁判で使える証拠これを取りに行っている訳ではありません。不倫から裁判にまで発展する数、どれだけ少数か?お守りとして使わなければならない時それは最悪の事態に巻き込まれて、右にも左にも行けなくなった時だけです。証拠が必要な意味、それはあなた自身、正常な判断ができる為です。しっかり見定めてください。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login